CSVインポートをするには

  1. メニュー項目の[メンテナンス]を開いて[CSVインポート]をクリックすると『CSVインポート』画面が表示されます。
  2. 『CSVインポート』画面が表示されたら、画面右部にある[フォーマットダウンロード]から各CSVファイルのフォーマットをダウンロードすることができます。
    CSVファイルに入力する際は、各フォーマットに倣って3行目から入力してください。
    ※生年月日を入力する際は、yyyy/mm/ddの形式で入力してください。(一桁月日の場合は頭に“0”はいりません。)
    ※スタッフ情報を入力する際、[性別]、[人材区分]は下記のように数字で入力してください。
    [性別] 男:0、女:1
    [人材区分] 正社員:2、契約社員:3、派遣社員:4、パート・アルバイト:5、他社業務委託契約:6
    ※案件情報を入力する際、[入金サイト] と [支払いサイト] は下記の形式で入力してください。
    [サイト日指定]1日、20日、325日(1〜999の範囲で入力してください。)
    [翌月・翌々月]翌月1日、翌々月31日(翌月or翌々月+1~31の範囲で入力してください。)
    ※必須項目以外入力しない項目がある場合は、その列を未入力にしてください。
  3. インポートするCSVファイルの入力が終わったら、インポートするCSVファイルの種類を選択して、[参照]ボタンをクリックすると、『ファイル選択』画面が表示されます。
  4. 『ファイル選択』画面にてインポートするCSVファイルを選択して、[開く]ボタンをクリックします。
  5. [アップロード]ボタンをクリックすると、CSVファイルの内容がチェックされます。
    エラーがない場合、選択した顧客・スタッフ・案件・担当者情報が登録されます。
    一つでもエラーがある場合、全てのデータが登録されません。
  6. 案件をCSVインポートした場合は、直接登録されず、一時仮登録されます。
    正式に登録するには、メニュー項目の[案件処理]を開いて[未確定案件]から対象案件を開き、必須項目を入力し、改めて登録する必要があります。